[PR]

アーモンドの効能

ケーキやクッキー、おつまみやチョコレート菓子などに使用されているアーモンドには健康に役立つたくさんの効能があります。

アーモンドの効能.netではアーモンドが体に与える効能やどのような栄養素が入っているのか、またレシピなど今、話題になっているアーモンドについてご紹介します。

他にも美容や健康についての情報をご紹介していますので当サイトをご利用下さい。アーモンドはお菓子やケーキなどに使われていたりしていますがメインの食材にはなかなかならない食材です。

しかしアーモンドに含まれている栄養素は私達の健康に良い影響を与えてくれるということを知れば今までと違い、意識をしてアーモンドを食べようと思う事でしょう。

アーモンドはナッツ類の中でも栄養価が高く含まれている栄養素はビタミンE、ビタミンB2、カルシウム マグネシム、鉄分、オレイン酸など私達の体に健康的な働きをしてくれる栄養素ばかりです。

そして食物繊維も多く含まれています。アーモンドに含まれている食物繊維の量は牛蒡の2倍もありサツマイモと比べるとその4倍もの量が含まれています。食物繊維は整腸作用があるので便秘を解消する働きがあります。

便秘は肌荒れなどのトラブルを引き起こします。しかし腸内環境が改善される事により便秘が解消され肌荒れなどのトラブルも改善されます。

腸内環境を整えて体の中に溜まっていた不要な老廃物質が体の外に出されますからデトックス効果やダイエットの効果もあります。アーモンドに含まれているビタミンB2は脂肪を燃焼する時には無くてはならない成分です。

ビタミンB2が不足してしまうと脂肪を燃焼する働きが悪くなってしまいます。ダイエットをしていて脂肪を減らしたいと食事制限や運動などを行ってもビタミンB2が不足しているとその努力の成果も出にくくなります。

他にもビタミンB2が不足すると目が疲れたり、口内炎が出来たりします。ビタミンEは抗酸化作用がある成分です。活性酸素から細胞を守る効能があります。肌や血管の細胞を若く保ちアンチエイジング効果が期待できます。

血液の流れを促進にも働きかけてくれますから成人病の予防にも効果があります。アーモンドにはオレイン酸という成分が含まれています。このオレイン酸は善玉コレステロールは減らさずに悪玉コレステロールだけを減らす効能があります。

特定保護食品に認定されている食用油にもこのオレイン酸が含まれています。悪玉コレステロールが多めで気にしている方にはこの成分は効果的です。アーモンドにはミネラルも含まれています。

その種類は多く、鉄やカルシウム、亜鉛、マグネシウム、カリウムなどが含まれています。鉄分やカルシウム、亜鉛などは日本人が不足しがちな栄養素です。 鉄やカルシウムは一日の摂取目安の量を取ろうと心掛けていても、なかなかその量には達しません。

手軽におやつやおつまみとして食べる事が出来ますから甘いものをおやつやおつまみにするのではなくアーモンドに置き換えればそれだけミネラルが摂取できます。

アーモンドは脂肪が多いので酸化しやすく、酸化すると風味が落ちてしまいます。保管する際は密封できる容器、缶などに入れ空気が当たらないようにして保管して下さい。

そのまま食べるのも良いですがアイスクリームを食べる時にトッピングとして使ったり、サラダやパスタにもトッピングして食べるのも良い方法です。カリカリとした食感や香ばしさが口の中に広がります。

このようにアーモンドには体に良い栄養素がたくさん含まれていて私達の体に健康的な効能をもたらしてくれます。しかし、いくら体に良いからといって大量のアーモンドを摂取してはいけません。

一日25粒程度が目安となります。適度な量を摂取して健康の維持や生活習慣病の予防、美容などにアーモンドの効能を活用しましょう。


お薦めサイト一覧

スチームモップのおすすめランキングはこちらからご覧頂けます。

新着情報

 2016年11月02日:美容について
 2016年11月02日:注意点について
 2016年11月02日:食べ方について